記事一覧

たけやだよりVOL.35  その3

<不思議な感じ>
大きな病院に行くと「○○さま」と呼ばれることがあります。チョット変な感じです。
以前、銀行でも「さん」から「さま」に変わった時にチョット違和感を感じましたが、その時の比ではありません。
「私は「お客様?」という感じですかね。元々病気になりたくはないですから、本来は行きたくない場所の一つです。
でも、お釈迦様もおっしゃっているとおり「生老病死」の理のままに、人間は病院のお世話になることになります。
お世話になるのであって、お客さまではないように思います。
逆にぐっと隔たりが出来てしまうようにも感じます。
 この頃は「接遇」なるものが重要な「新人類」が出現しているようですが、
病院でもそんなところが影響しているんでしょうか。
 ところが、です。店主が入院した時には、その大きな病院でも、一度も「さま」と、言われず「さん」でしたよ。
入院患者には「さん」なんですが、私は決して、「軽んじられている」とか「患者を馬鹿にしている」などとは思えませんでしたね。
むしろ、ナースの皆さん方に親しみを持ち、一緒に同志として闘ってくださる医師を始めスタッフの方々には感謝しています。
 まあそれでも大人はいいでしょう。それぞれ事情もあるんだろうなで済むこともあります。
でも、子供さん方はどうでしょう?「さま」と呼ばれて、「自分が病院に来てやっている」
「病気を治させてやる」なんて勘違いする小さい人がいないでしょうか?
診察するお医者様も、やはり小さな人に「さま」とおっしゃるのでしょうか?
子供だから軽んじてよいと、私は言っているのではありません。
すべての存在には魂への畏敬の念を持ちながら、ともに生き合うものとして、出会いたいなと思うばかりです。
言葉の上では「さま」でも心の中に人が住んでいなければ、「慇懃無礼」にもなりかねないのかなと思います。
 私は「様」という言葉が好きです。店の中でも「奥様はお変わりありませんか?」などと言いますし、
「様」という表現はとても美しいですし、大切にしたい言葉だと感じています。
けれども、病院では「○○さん」と親しみをこめて、呼ばれたいと思うひとりですね。



  
B!
  

たけやだよりVOL.35  その2

<子供たちは未来そのもの>
孫の通っている保育園では毎年この秋に運動会があります。
今年も午後の部を少し見ようと店主と出かけますと、もう、プログラムが前倒しで終わって、
これから最後のリレーだと言う嫁の言葉に、
バタバタと体育館に入っていきますと、小さい人たちが勢ぞろい。春には小学生という子供たちでも、とっても小さく感じました。

三歳から五歳までの子供たちが紅白に分かれ
て走ります。ちっちゃな手足をバタバタさせて満面の笑みで走る子、もう泣き出しながら
ゴールへ向かう子、おっそろしく速く走る子、等々、様々でした。
隣に、よそのおじいちゃん、おばあちゃんが自分の孫の応援をしています。
「オオーッ!」と大喜び。ですから私は、今走っているその子がお孫さんだったのかなと思ったのですが、
次の子も、次の子も「オオーッ!」
「オオーッ!」と喜びの声を上げていらっしゃるのを見て、
みんな一緒だなと思いました。
うちの子もよその子もなくなるんですね。
どの子もすごい!
見ていると応援せずにはいられない。拍手せずにはいられない。笑わずにはいられない。
会場中があの小さな天使たちに、沸き、どよめき、癒されハッピーになっていきます。
私も胸が一杯になって、涙が出て困りました。みんな耀いている。
いのちの輝きといいますか、まさに、子供たちは未来そのものなんですね。
その子供たちの心が壊れているような現実がニュースで報道されていますが、
こんなことあってはいけない! 本当にそう思います。
 この人たちの可能性が開花するための、よき環境として若き親たちもガンバル。
そのサポートを周囲の大人たちがスクラムを組んで支援する。
そんな国になれますように!私も頑張ります!
本当に素敵な時間でした。幸せをありがとう!



  
B!
  

たけやだよりVOL.35  その1

<トトロの森?>
秋風がさわさわと木々の枝を揺らし、気持ちのよい季節ですね。
澄んだ空気を胸いっぱいに吸ってリフレッシュしましょう。
ところで、「となりのトトロ」というアニメ映画をご存知ですか?
私たちには懐かしい時代の映像で、店主などはそこに登場する「カンチャン」という男の子にとても共感を抱いている様子です。
往時をしのびながら何度かビデオを一緒に見ましたね。
トトロが住んでいる森があるのですが、とっても素敵なんですよ。
それが・・・場面変わりまして、たけやの裏にも「馬頭神社」というのがあり、もう随分、木も切られちゃって寂しいのですが、
こんもりした「森」?みたいに思えなくも無い一角があります。
先日、お客様が外国からのご友人と一緒に来られたのですが、実は店がよく分からずに、
神社の上の方のバス道路でタクシーを降りて、細い道を下ってくる際に、
ひだり手側に「森」のように感じるところを通り、神社の鳥居を過ぎて、
くねくねとやってきたら民家だった。というシチュエーションを外国からのお客様がたいそう喜ばれたそうです。
そこで、再度、別の外国人の方々をツアーよろしく、わざと、その道からご案内されたところ、
もうお店に着く前に、一つの物語が出来たそうで、この作戦は大当たり
だったようです。その後は皆さんと楽しくワイワイと離れでお食事をされていましたが、このお話を伺って、
「ここは街からも遠くて、場所的には最悪だと思っていましたが、
そうしてみると最高の立地条件だったんですね」と料理人の息子が笑いながら話していました。
本当に、最高なのか最悪なのかは分からないのに私たちが決め付けているんですよね。
それからというもの、この立地条件を生かしながら楽しく仕事をさせて頂きたいと思う今日この頃です。



  
B!
  

たけやだよりの原稿

どこからともなく訪れるキンモクセイの香りに秋を想い
桜の葉の落ち葉かきに秋を感じ・・・
秋は何とも豊かで悲しげで・・・

そうこうしていますと、「たけやだより」の季節となりました。
ぜひとも皆様の楽しい投稿を心よりお待ち申し上げております。
出来ましたら、今月の15日くらいまでにお願いできましたら助かります。

どうぞ宜しくお願い致します。



  
B!
  

たけやだよりVOL.34  その6

<終わりに>

「あなたの口からそんな言葉を聞きたくないわ」
とほろ酔い加減の友人が言いました。
事の起こりは「税金」。
「たけやも利益がなくても取っていかれるのよ(法人税)」と言った私のセリフに対して、
彼女は、「私はね、息子たちがきちんと税金を払い、国を思う人間になってほしいの。
まずは地域から、そして町、それから市へといった具合に、
やがては日本という国のために働いてもらうのが夢なのよ。」そんな内容でした。
 改めて、私が「税金は取られるもの」という意識が根強いことを思い知らされました。
災害の寄付金やユニセフなどに対しては、少々無理しても「取られた」などとは思いません。
自分の発露からすることに関しては不満もありませんし。
私は自分が日本という国に守られ、様々なシステムの中で働いて下さる公務員の方々の支えによって、
何の不安もなく生活出来ている事を忘れていました。
権利ばかり求めて責任に関しては考えてもいなかったんですね。
いつの間にか「損したくない」とか「自分だけ得したい」「今さえよければ良い」といった、
時代の三毒にやられていたんだと思います。
 たけやも頑張って、お世話になるだけじゃなく、
うんと税金を納める事が出来るようにならなくちゃ! と 心から思いました。
そして、みんなが幸せになりますように。



  
B!
  

たけやだよりVOL.34  その5

<コース料理>

★季節を味わって頂く、お任せコース料理は
 (先 付・ 造 里・ 焼 物・ 箸休め・ 
揚 物・ 煮 物・ 止 椀・ デザート )等
お一人様三九九〇円(税込み)
お二人様より、前日までにご予約ください。
その他、ご予算に応じて、また、お集まりの皆様に応じたお料理を
様々にご準備させていただきますので、
お気軽にお申し付けください。
これからは鮎も美味しくなりますし、もうそろそろ鱧(はも)の季節になりますね。 
夏野菜も美味しくなりました。
涼やかな料理でこの夏を乗り切りましょう。
<蕎麦でも>

思いがけずソバ粉を手に入れた私は、
店主にソバを食べさせてあげたいと思いこね始めました。
でも根性のない私は、途中できつくなり、団子に変身させて、一応味見しますと、
何と蕎麦の香りがするではありませんか。
さっそく店主にも試してもらいました。
「美味しい」と言われ、料理人の息子にも食べてもらうと、
「おいしいね。これなら蕎麦で食べたいね~」と言います。
やっぱりわが子は可愛い?また更に頑張って。
でも、こねるのも大変で、ビニールの袋に入れて、足で踏みましたよ。
その後でスリコギで伸ばし、麺らしくなったので、もう一度息子に食べさせました。
「やっぱりこの方が美味しいね」の言葉に気を良くして、店主にも・・・。
すると「旨い、毎日でも蕎麦が食べたい」ですと。
冗談でしょ。
私は出来ませんよ。せいぜい団子まで!

「美味い蕎麦がたべたいな。打ってみるかな。」
と言う息子の言葉に「ウンウン」店主と私。
そんな話になったら、不思議なことに、蕎麦打ち職人の先輩の道具をお借りできることになり、
しかも指導までしてもらって、蕎麦らしきものができました。
私たちは、もう癖になって、それこそ毎日でも食べたいほど蕎麦が大好きになりました。
ザル蕎麦に季節の野菜の天ぷらなど添えて・・・。
そのうちメニューの端に「蕎麦」が出るかもしれません。
 ただ、調理場で蕎麦を打っていますので、
「蕎麦アレルギー」のある方は、たけやにお越しいただけなくなる可能性がありますよね。
アレルギーにもいろんな段階があるそうですから、ご注意ください。

 



  
B!
  

たけやだよりVOL.34  その4

 <スカイプ>

 琴を一緒にお稽古している友人は、現在アメリカに住んでいて、年に一度里帰りです。
年に一度のお稽古でも、かなり自分で弾けるのですが、
「次は三味線にも挑戦したいなあ」なんていう話が出ますと、これまでのようなわけにはいきません。
スカイプと言うのを耳にされたことがありますよね。
「インターネットを使ったテレビ電話」ですが、
「海外だったらスカイプを使ってお稽古したら便利ですよ」との
アドバイスを受けた私は
一緒に住んでいる次男の嫁に「エミちゃんスカイプって知ってる?」と尋ねると、
「毎日、群馬のお姉ちゃんと話してますよ~」と言う返事です。
「えーっ」と大声を上げてしまいました。
「私もスカイプ使いたいの!アメリカと繋いでちょうだい」
とお願いし、実現しました。

まるで天神町にいてお話をしているような近さです。
世界は確かに縮まり、その分、影響もじかに早く迫ってきますよね。
 それにしても、普通のおばちゃんが、スカイプを使っている時代なんて、
少し前には想像も出来ませんでしたね。
何がなんだか分からないまま、時代の流れに運ばれていっていることを感じます。
世界はものすごい勢いで動いている!って感じです。
 ともあれ、長崎の友人にも、「これから時々スカイプでお稽古しましょうか。
時間の節約になりますよ」と誘っているところです。



  
B!
  

たけやだよりVOL.34  その3

<初体験>

店主が救急車で病院に運ばれて行ったのは、
五月の半ば、そうそう、私の祖母の命日でした。関節リュウマチになり、痛むので電話をすると
病院から「救急車ですぐに来て下さい」と言われ、「えーっ?救急車を呼ぶの?」と一瞬戸惑いましたが、
動くことも痛くて辛そうなので、お世話になりました。店の前にピーポーピーポーの音。
ご近所はびっくりしますよね。
寝台に寝かされた店主は、ちょっとテレながら「初めて救急車に乗るなぁ」と初体験を楽しんで?いる様子です。
身体は痛いのでしょうが、笑顔で病院まで行きました。
二十一日間入院の後、今は体力をつけるために家でリハビリの毎日です。
入院中も同室の方々と賑やかに、楽しそうに過ごしているのを見るたびに、
(良い方々との出会いを戴いてのことでしょうが)入院慣れして、
もはや入院の達人の域に達しているかもしれないと思うほど、心配のない店主です。
それにつけても、毎回思うのが、ナースの働きの素晴らしさです。
今は看護師という名称ですが、どうして「看護婦さん」ではいけないのか、
今もって解りません。私はいつも心の中では「看護婦さん」なので、ここではナースと呼ばせて頂きます。
病院の中も、見えない所で多くの人が働き、支えて成り立っていますが、その代表がナースだと思うのです。
ナイチンゲールが「この世界で一番尊いのは、人を看護する働きだ」と言っていたように覚えているのですが、心からそう思えます。
時に機嫌の悪い患者さんたちを癒し、励まし、細かいところまで気を配り、お世話して下さいます。
私などには真似の出来ないことです。
皆さんの優しい笑顔にどれほど癒されたことでしょう。
有り難うございました。



  
B!
  

たけやだよりVOL.34  その2

<長靴の天使>

小さな人たちが、身体をすっぽり覆ってしまうような傘を差して、バランスをとりながらヨチヨチ?
歩いている姿は、なんて可愛らしいんでしょう。
小さな天使は何をしても可愛いんですけど、ぶかぶかの長靴にカラフルな傘。
見ていると、その傘の上にだけは雨もそうっと
降りてきているような・・・。
今も昔も、水たまりの中を、わざとバシャバシャと音を立てながら歩いてまわり、
長靴の中に水が入ってしまうのを楽しんでいる様子。
子供の頃って、時代は変わっても興味はそんなに変わらないものなんでしょうね。
お母さん達には仕事が増えて迷惑な話かもしれませんが、
そのお母さん達も昔は子供だったってことを忘れている人も少なくありませんね。
時に思いっきり一緒に雨を楽しんでみませんか?



  
B!
  

たけやだより投稿

あっという間に梅雨…
季節を感じる間も無く時が流れてゆきます。
1日1日を味わいながら…なんていう理想とは裏腹に
流されて生きているのを感じます。
でも、出会う方々に励まされて、毎日元気です。

そうこうしている間にもう7月は目の前・・・。
どうぞたけやだよりに投稿をお願いいたします!!



  
B!