記事一覧

たけやだより vol.46 その3

〈終わりに)
 たけやは家族で営業しております。
蕎麦ランチに各種お弁当業務、そして、夜の営業。
手が足りない時も少なくありません。
そんな時の助っ人が店主の姉妹。
 本当に有り難いことです。
知人たちからは「仲の良いご姉妹ね。」と言われますし、
この頃では、私の実の姉たちのように思われている節があります。
「よく似ていらっしゃる」って。
 私は男兄弟だけでしたし、その二人の兄たちはもう亡くなっております。
ですからこんなに近くにいて助けてくれる姉たちの存在は偉大です。
「よくそんなにこき使って」と友達からもたしなめられるんですけど、遠慮がありません。
もっといえば、普通の姉妹以上かもしれませんね。
もう、血を越えた絆があります。
私達は三人で出かけることもあります。
大抵は、忙しい私をねぎらってくれる意味で、食事に誘ってくれるんです
この日もそうでした。
ただこの時ばかりは、ハプニングがあったんです。
海沿いの道を運転している私の目前で、おじいさんが手を振って車を止めるように指示していました。
「何か困っとらすとかな?」と、車の中で話しながらゆっくり近づくと、
「タイヤのパンクしたけん、交換ばしたかけど、ネジの堅かけん動かんとです。手伝って下さい」と言われ、
私達は口々に「すみません、私達は出来ません」と答えるしかありませんでした。
情けないことにタイヤ交換はおろか、
「ネジ」とか「ナット」なんていう言葉とも無縁に生きており、役立たずな三人でした。
すると、「娘に電話して下さい」と紙を渡され、
「それならば出来ます」とお電話しました。
「○○整備工場に電話してここまで来てくれるように言うてくれ」とおっしゃっているのですが、
ここが何処かも伝えられず、まして連絡の術も持たれていない老夫婦です。
携帯を持っている私達はお付き合いを秘かに覚悟しました。
ところがです。
片側一車線の「渋滞の原因」になっていることも
分からなかった私達のところに、パトカーがやって来ました。
事情を説明すると、
「では、あなたは用事がないんですね」と「渋滞の元」を排除すべく、動くように指示されました。
そこへ、おばあさんが「千円札」を折り曲げて私に握らせて下さったんです。
あわてて車から降りてお返しに行くと、
「電話代」だと言って、受け取られません。仕方なくお礼を言ってその場を離れました。
姉達と「お心は頂いて、このお金は熊本の義援金にさせてもらおう」と決めました。
 翌日、やはり気になり「娘さん」に電話して確認しましたら、おまわりさんがタイヤを交換してくれて、
そのあと整備工場まで行かれたそうでした。良かったです。
 車が動き出す時に、おじいさんが
「名前は?名前は?」と何度も尋ねて下さいましたが、このご夫婦は本当に誠実な方なんだなと思いました。
 温かい気持ちを頂いた出来事でした。



  
B!